未来情報産業株式会社 NFC製品開発 ‐ NFCを用いた開発をお手伝いします


LOCATION:

はじめに

お客さまのご予算に合わせ、NFCを用いた製品の開発をしております。

ICカードを「タッチ」するだけで様々なことができる最新技術を、お届けしております。

主な例

次のような需要がありましたら、ぜひご相談下さい。

などなど。

どういった仕様で実現するかはご予算に合わせて検討し、お客様に合わせたものをゼロから設計致します。

使用するカード

カード

NFCに対応するカードは様々なものがあります。

専用に用意してもよいですし、市中に広まっているものを借用する方法もあります。

どういった方法にするかはご予算に合わせて相談に乗らせていただきます。

FeliCa

日本国内ではFeliCaやFeliCa Lite-Sが主流です。

非常に高速、大容量で、信頼性も高い技術ですが、FeliCa Lite-Sでも小ロットですとカード1枚あたり250円前後とかなり値が張ること、FeliCaを用いた本格的なシステムを作ろうとした場合は年間のライセンス料がかなりの額になることなど、弱点もあります。

既に多くの人が保有しているSuicaその他のICカードにはカード固有のID(IDm)があるので、このIDmを読み取るだけにして書き込まず、実際のデータはサーバー管理とする運用もあります。

MIFARE

海外で広く使われているMIFARE、いわゆるNFC-Aと呼ばれるタイプのカードですと、FeliCa Lite-Sの半額程度で入手できます。

安価な海外製品も利用できるため、投資額を削減することができます。

但しカード容量が少なかったり、速度が遅かったり等、FeliCaに劣る点は多数あります。

使用する機材

方法

専用機を作ることから、市販製品を使うものまで、様々な方法があります。

機種変更して眠っている古いスマホやタブレットを再利用することもできます(Androidのバージョンによります)。傷だらけの場合、お客様の前に出すには見劣りがしますが、機材への初期投資を格段に安くできます。

PNEXTA

PNEXTAという、9インチAndroidタブレットにNFCセンサーのケースを付けた装置もご案内しております。

中身はAndroidタブレットですので、Android用アプリケーションがそのまま動作します。

レンタルもしておりますのでご相談下さい。

カードリーダーの接続

NFC機能がない、またはあってもFeliCaに対応していない、古いまたは海外製のスマホやタブレットでも、別途カードリーダーを繋げばカードを読み取ることができるようになります。

USB式のカードリーダーは、安くお手軽で便利ですがスマホやタブレットにUSBが一口しかない場合、使用中は充電ができないためその点については運用で検討が必要です。Bluetooth式のカードリーダーなら双方とも充電しながら使うことが可能です。

実績

弊社は、NFCによるカードリーダーアプリの開発を通じ、様々なノウハウを培ってまいりました。

同カテゴリーのアプリ内でも最高性能を誇る「全国の ICカード これひとつ」や、その開発前に作成していたカード専用アプリなどがあります。

まずは「全国の ICカード これひとつ」をお試し下さい。

お客様の製品完成後は、このアプリで広告することもできます。

問い合わせ

このソフトウェアは、無保証のフリーソフトです。

簡単な問い合わせはTwitterへお願いします。

難しいお問い合わせは電子メールで、info@mirai-ii.co.jp までよろしくお願いします。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2015-2018 All rights reserved.