未来情報産業株式会社 hanica カードビューアー for Android


LOCATION:

概要

阪神バス、阪急バス、阪急田園バスで利用できる専用ICカード乗車券「hanica」の履歴と残高を、NFCに対応したAndroidスマートフォンを使って確認するソフトです。

このソフトは無料で提供しています。また、将来的に有償オプションで機能拡張と広告消去を可能とする予定です。

弊社「地方交通のICカード乗車券ビューアー開発プロジェクト」の製品です。

※これは古いアプリです。現在は、hanicaにも対応した全カード対応の多機能アプリ「全国のICカードこれひとつ」に移行しております。

このソフトの利点

このソフトウェアで、次のようなことが簡単にできるようになります。

将来的に、有償オプションで「利用した履歴のファイル出力」機能などを追加する予定です。

ご利用の前に

ご利用の前に、以下の点をご理解下さい。

  1. 阪神バス、阪急バス、阪急田園非公認です
  2. 動作確認は「大人用」でしか実施していません

    弊社では「無記名の大人用」と「記名式の大人用」で確認をしています。

    「記名」でも動作確認をしています。記名の場合の、利用者の名前と電話番号については、将来的に表示する機能を搭載する予定です(現在は未対応)

    「子供用」もありますが、これは確認できていません。おそらく問題なく表示できると思います。

    定期券も確認できていません。おそらく問題なく表示できると思います。

動作環境

以下を全ての条件を満たしたAndroidスマートフォンで動作します。

現在市販されている、日本メーカー製品であれば、条件を満たしている可能性が高いです。

ダウンロード

Google Play からダウンロードしてください

要求するパーミッション

このソフトウェアは、以下のパーミッションを要求します。

以下にその理由を説明します。

プライバシー: SDカードのコンテンツの変更または削除
端末アクセス: 保護されたストレージへのテストアクセス
将来的に、CSVファイルを書き出すための準備として、ファイル書き込みの権限を求めています。現在のバージョンは、まだ機能が搭載されていません。
端末アクセス: NFCの管理
NFC通信機能を用いて「hanica」を読み取るために、NFC機能の使用を求めています。
端末アクセス: ネットワークへのフルアクセス
未対応の停留所があった場合、ロングタップすることで報告する機能があります。弊社にその報告情報を伝えるためにネットワーク機能を用います。勝手に情報を送ることは一切ありませんのでご安心ください。
また、「Google モバイル広告」でもネットワークアクセスが使用される予定です。フリーソフトとして高機能なソフトを提供するためですのでご理解下さい。これは将来的に、有償オプションで表示停止が可能となる予定です。

不具合の報告

動かない場合

本ソフトの不具合の可能性としては、以下を想定しています。

  • まったく動作しない
  • 表示される停留所名がおかしい、対応していない
  • 正常に表示されない

不具合を発見されましたら、お気軽にPlayストアやTwitter、メール(下記参照)などでお知らせ下さい。可能な限り改善するよう努力します。

間違った・未対応の停留所の報告方法

停留所名が間違っている、未対応の場合は、その欄をロングタップすると、報告画面に切り替わります。停留所名を書き送信ボタンを押すだけで報告できます。可能な限り早急に新バージョンを提供する予定です。

例えば、このソフトにまだ登録されていない停留所は、このように表示されます。

この欄をロングタップすると、入場と出場、二つが表示されます。

この場合、均一料金で降車時の精算ですので入場がないのが正常ですが、出場の停留所が未登録ですので、出場をタップします。

そうすると、正しい停留所名を入力する画面になりますので、お手数ですが、正しい停留所名を入力して、送信ボタンを押して下さい。

以上の操作で停留所の間違い報告が完了です。弊社で確認後、可能な限り早めに新バージョンを提供しますので、しばらくお待ち下さい。

使い方

使い方

使い方はとても簡単です。

  1. Androidの「NFC機能」をONしてください。

    方法は機種ごとに異なりますが、画面上部から下にスワイプした画面でON/OFFできたり、無理ならその右上にあるスパナマークなどをタップし、「無線とネットワーク」→「その他」からNFCの設定を変更したりします。

  2. スマートフォンのNFC認識部に「hanica」を付けて下さい。自動的にソフトが起動します。

    一般的に、NFCのセンサーは裏側に付いていますので、カードを裏側に密着させてください。

  3. しばらく待つと、「読み込んでいます…」という画面で、ソフトが選べます。「hanica カードビューアー」をタップしてください。
  4. カードの内容が表示されます。

途中でカードが離れたりして読めなくなると、表示されません。その場合は最初からやり直して下さい。

また、使用後は「NFC機能」をOFFしておくと電池の消費量が減り、長持ちしますのでおすすめします。

表示例

画面には、「残高」「過去 最大20件までの履歴」が表示されます。

以下の画面は、模範使用例として作成した一例です。内容は、実際のカードごとに異なります。また、改良により、より見やすい画面に変更されることがあります。

履歴をファイルに保存する

将来的に対応予定です。現在は未対応。

記名式カードの登録情報を表示する

将来的に対応予定です。現在は未対応。

広告募集中

「hanica カードビューアー」の一番下に表示される広告を募集しています。

阪神バスは大阪・神戸・尼崎・西宮周辺をエリアとし、阪急バスは大阪・京都・兵庫をエリアとしています。沿線あるいは府県内に関することであれば広告効果が高いと見込まれます。

画像か文章のみかが選べます。画像の大きさ、文章の長さ等についてはご相談下さい。

広告の特徴から、最低期間のみ設定し、最長期間は無制限で設定しない契約となります(ソフトのバージョンアップがなければ、半永久的に掲載され続けます)。

問い合わせ

このソフトウェアは、無保証のフリーソフトです。

簡単な問い合わせはTwitterへお願いします。

難しいお問い合わせは電子メールで、info@mirai-ii.co.jp までよろしくお願いします。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2014 All rights reserved.