未来情報産業株式会社対応駅一覧表 ‐ ICカード これひとつ


LOCATION:

概要

このページでは、「ICカード これひとつ」で対応する、Suicaおよびその互換カードで表示が可能または現在未対応で報告募集中の鉄道駅の一覧表を掲示しています。

随時対応しますが、このページは現時点では手作業更新ですので、更新が遅れる可能性があります。

将来的には、アプリ内に表示機能を搭載する予定です。

未対応の駅がありましたら、アプリより報告頂ければ幸いです。随時追加し、アプリを便利に改良して参ります。

※路面電車は、原則としてICカード乗車券では「バス」と同等の扱いとなっているため、鉄道扱いかバス扱いか未確認のものを除き、バス扱い路面電車はこのページには記載されていません。「バス停留所の一覧表」をご確認下さい。

このページの路線名や駅の並びは、業界標準を用いています。詳しくは、ページ末尾に「このページの駅順などについて」として記載しています。

索引

ZONE 0

ZONE 1

ZONE 2

ZONE 3

このページの駅順などについて

はじめに

このページ(および、アプリで表示される)路線名および駅の並び順については、日本の鉄道業界標準(いわゆるサイバネ規格)に準拠した、駅番号の順となっています。

これは、地域番号(2ビット)、路線番号(8ビット)、駅番号(8ビット)の計18ビットで駅を表わす技術です。

アプリでも、駅名の横に表示される路線名は、この業界標準に基づく名称であり、中には見慣れない名称が表示されることもあると思います。ですが、間違って表示しているわけではありません。

具体例

この規格は、磁気式の切符を導入するにあたり旧国鉄時代に制定されたもので、歴史が長いものです。この由来により、現在のJRの路線については、旧国鉄時代の「本線制度」と呼ばれる、線路を階層構造で管理し「線路名」を付けるという仕組みに基づいて、駅番号が振られています。

線路は様々な列車が走り、現在のJRは利便性を向上させるため、快速やライナーなどを含め様々な在来線列車を走らせています。また、一つの列車は様々な線路を走り、運行されています。こういった各列車は「運転系統」といい、「線路名」とは区別されます。


「線路名」とは、具体的には「グループ名」→「線路名」→「運行系統」の階層となり、例えば関東を例とすると、次のようになります。

  • 東海道線:「東海道線」→「東海道本線」→「上野東京ライン」(のうち東海道本線区間、上野東京ライン開業前は東海道線と呼ばれていた)
  • 山手線:「東海道線」→「山手線」→「山手線」(のうち西側)
  • 横須賀線:「東海道線」→「東海道本線(東京〜大船)と横須賀線(大船〜久里浜)」→「横須賀線・総武線(快速)」(のうち東京以西)

上の例で、「運転系統」ごとに実際に走る線路名は次の通りです。

  • 上野東京ライン:大宮以東(宇都宮線系統は東北本線・高崎線系統は高崎線)、上野以東(常磐線系統は常磐線)、大宮〜上野(東北本線 尾久経由)、上野〜東京(東北縦貫線)、東京〜品川〜さらに西(東海道本線)
  • 山手線:品川〜新宿〜田端(山手線)、田端〜東京(東北本線)、東京〜品川(東海道本線)
  • 横須賀線・総武線(快速):千葉〜東京(総武本線)、東京〜品川(東海道本線別線)、品川〜鶴見(東海道本線別線 品鶴線)、鶴見〜大船(東海道本線別線)、大船〜久里浜(横須賀線)

旧国鉄時代からそうですが、現在のJRも各社ともに線路名ではなく運転系統で案内をしています。このため、このページの路線名(実際には線路名)や駅の並びが分かりにくいかもしれませんが、今でも、旧国鉄時代に作られたこの駅番号体系が使われているのです。駅は、線路に付随するものであり、運転系統に付随するものではないからでしょう。

駅名の抜けについて

業界標準の番号順で表示していますが、起点・中間・終点とわず、各路線ごとに乗換駅の一部で駅名が記載されていないことがあります。

業界標準の番号体系は、路線ごとに番号が振られています。このため一つの駅に複数の番号が振られることになりますが、実際にはそのうちの一つを代表として用いるため、「番号はあっても使われていない」番号が多数発生しています。

そもそもこの業界標準の番号は非公開です。番号は自力で収集するしかありませんが、こういった未使用の番号はICカードをタッチするなどしてもカードに記録されませんので、知る術がありません。従って、知りようがない乗換駅の番号に対応する駅名については、記載していないことがありますし、番号を推測したうえで記載していることもあります。特に基準はありません。

同一駅の異番号については、プログラム処理によって自動判定し、他の番号で改札口の情報があれば小さめに🚃を付けています。

問い合わせ

このソフトウェアは、無保証です。

簡単な問い合わせはマストドンまたはTwitterへお願いします。

難しいお問い合わせは電子メールで、info@mirai-ii.co.jp までよろしくお願いします。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2015-2018 All rights reserved.