未来情報産業株式会社 Windowsの字体変更


LOCATION:

Windowsの字体変更

Microsoft Windowsは、シリーズとして最初の本格的なバージョンであるWindows 3.0から一貫して、日本語環境は「Microsoft Windows Codepage : 932」が使われてきました。

この文字集合は、基本がJIS X 0208-1990で、幾つかの拡張漢字を含みます。

しかし、Windows Vistaおよび7は、基本的な集合にJIS X 0213:2004を採用しました。

このため、JIS X 0213-2004で行なわれた字形変更が反映され、従来との非互換を産んでいます。

技術

変更

JIS X 0213:2004は、JIS X 0213:2000やJIS X 0208-1990の第一水準・第二水準に対し、字形変更の仕様変更をしました。

見た目、全く違いが分からないものもありますが、公式には、168字の例示字形を変更し、10字を追加したとされます。

例えば、辻(つじ)の字が、つぎのように変更されました。

JIS X 0208 → JIS X 0213

扱い方

JIS X 0213の規格範囲内では、之繞の一点・二点の差は包括範囲内です。

従って、も、同じ文字として扱い、同じ符号位置(1面36区52点)を与えています。

この実装においても、JIS X 0208←→JIS X 0213の変換などでは、同じ符号位置を出力します。

Unicodeでも同様で、どちらの文字もU+8FBBという符号位置に統合されています。

しかし、異体字セレクターを使って、次のように区別することができます。

  1. U+8FBB U+E0100
  2. U+8FBB U+E0101

字形を厳密に識別したい場合に、異体字セレクターは有用です。

留意点

JIS X 0208、JIS X 0213の変換表を使うことで、字形変更にも対応します。

但し、フォントの字形(グリフ)は、包括の範囲内なら自由に作って良いことになっており、必ずしも規格書の字形と同じとは限りません。

「メイリオ」は比較的規格書の字形に近いグリフを採用していますが、MS 明朝などは、かなり独自の字形を用いており、MS 明朝以外には見られないような字もあります。

使用したフォントによっては、作られた文書を意図したような異体字セレクター付き文書に変換できないこともあります。

実装と対応について

弊社製品「もじかん」では、JISの規格書の字形に準じて変換表を用意し、実装を進めています。

対応状況

JIS X 0208/JIS X 0213の規格票の字形に準拠し、異体字セレクター対応の変換表が作られ、実装されています。

漢字には全て異体字セレクターが付けられており、正確な字形の区別が可能となっています。

諸橋大漢和辞典との相互変換なども、厳密に行なうことが可能です。

資料請求・問い合わせ

電子メールで、info@mirai-ii.co.jpまでよろしくお願いします。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2007-2010 All rights reserved.