未来情報産業株式会社 JIS X 0212変換表


LOCATION:

JIS X 0212

JIS X 0212は、日本の工業規格の一つで、JIS X 0208で不足する漢字を補うことを目的に作られたもので、「補助漢字」の名で呼ばれています。

しかしながら、パーソナルコンピューターで主流だった、シフトJISで符号化する方法がなかったため、遂に普及することがありませんでした。

しかし、それ以外の環境、例えばUNIXなどでは、EUC-JPやISO-2022-JP-2などで符号化できるため、Mule(マルチリンガル拡張Emacs)などで利用されました。

技術

バージョン

JIS X 0212は、次のバージョンがあります。

  • JIS X 0212-1990

全く普及しなかったため、作られて以降、更新されていません。

JIS X 0208に文字を追加して拡張する、という規格については、JIS X 0212は完全に放置され、JIS X 0213が作られることになりました。

変換表

JIS X 0212-1990の、Unicodeとの変換表を完成させています。

現在、異体字セレクター対応の変換表を作成中であり、将来的に、この変換表も異体字セレクターに対応する計画でいます。

実装と対応について

弊社製品「もじかん」では、変換表を使用して、実装を進めています。

もじかん

弊社「もじかん」では、変換表を搭載しており、EUC-JPなどに完全対応しています。

利用しやすい変換表の提供

変換表そのものを提供することができます。

具体的には「もじかん」で利用されているC/C++の構造体や周辺の処理関数などです。

資料請求・問い合わせ

電子メールで、info@mirai-ii.co.jpまでよろしくお願いします。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2007-2010 All rights reserved.