未来情報産業株式会社 JIS X 0208変換表


LOCATION:

JIS X 0208

JIS X 0208は、日本の工業規格の一つです。

第一水準漢字と第二水準漢字を定めた、日本の漢字文字コードの基本となります。

技術

バージョン

JIS X 0208は、次のバージョンがあり、仕様が異なります。

  • JIS C 6226-1978
  • JIS X 0208-1983
  • JIS X 0208-1990、JIS X 0208:1997 (文字集合は同一)

最初の版JIS C 6226-1978と、次の版JIS X 0208-1983では、仕様が大きく異なることが知られます。

またJIS X 0208-1990も、文字の追加の他に字形変更があり、互換性が損なわれています。

変換表

次のJIS規格に対し、異体字セレクター付きのUnicodeとの変換表を完成させています。

  1. JIS C 6226-1978
  2. JIS X 0208-1983
  3. JIS X 0208-1990、JIS X 0208:1997 (文字集合は同一)
  4. JIS X 0213:2000
  5. JIS X 0213:2004

「Unicode→JIS X 0208/0213」と「JIS X 0208/0213→Unicode」の変換表を用意し、相互の変換が実現されます。

JIS X 0208/0213→Unicodeについては、JIS X 0208-1990を基本の変換表とし、それ以外との差分表などを別途用意することで、全ての版の正確な変換が、少ない容量で実現されます。

実装と対応について

弊社製品「もじかん」では、異体字セレクター対応変換表を使用して、実装を進めています。

対応状況

JIS X 0208の規格票の字形に準拠し、異体字セレクター対応の変換表が作られ、実装されています。

漢字には全て異体字セレクターが付けられており、正確な字形の区別が可能となっています。

諸橋大漢和辞典との相互変換なども、厳密に行なうことが可能です。

もじかん

弊社「もじかん」では、異体字セレクターを内部で使用するだけでなく、必要に応じて出力することもできます。

UTF-8やUTF-16など、Unicodeの符号系であれば、オプションで設定可能です。

利用しやすい変換表の提供

異体字セレクター対応の変換表そのものを提供することができます。

具体的には「もじかん」で利用されているC/C++の構造体や周辺の処理関数などです。

資料請求・問い合わせ

電子メールで、info@mirai-ii.co.jpまでよろしくお願いします。

戻る
Copyright © Mirai Corporation 2007-2010 All rights reserved.